宮島 夫婦の記念日旅行

 

結婚12年目に宮島への旅行を計画した佐藤夫妻。

普段の感謝の気持ちを奥さんに伝えたいと思い、

旦那さんは素敵な旅のプランを考えました。

 

ちょっと贅沢なオトナの休日を過ごされた佐藤夫妻の旅の思い出とは?

「今日は二人にとって大切な記念日 ちょっと贅沢なオトナの休日」

 

佐藤夫妻の巻

↓↓↓ 動画をご覧下さい。(再生時間約10分)

佐藤夫妻の巻

 

<思い出ルート①>

世界文化遺産の宮島に到着!これから佐藤夫婦の旅の思い出。

宮島 佐藤夫婦②フェリーを降りてこれから宮島観光に出発

奥さん「宮島に着いたね~」

旦那さん「これから色々、観光しようか!」

奥さん「うん、行こう。」

 

 

<思い出ルート②>厳島神社に向かう参道を通って五重塔や千畳閣を観光。

宮島 佐藤夫婦⑤

宮島 佐藤夫婦⑪旦那さん「五重塔って、すごい大きいね」

奥さん「本当に大きいね!」

旦那さん「もう少しで千畳閣に到着するよ。楽しみだね」

宮島 佐藤夫婦⑦

宮島 佐藤夫婦⑧

旦那さん「すごい大きな額だね。」

奥さん「近くで見ると本当に迫力あるね!」

旦那さん「千畳閣は豊臣秀吉が武士の鎮魂のために建てたんだって。」

奥さん「そうなんだ、勉強になるわ。」

 

 

<思い出ルート③>
宮島の町家の情緒を楽しみながら、二人でのんびり散歩。

宮島 佐藤夫婦⑫町家通りは、メインの表参道商店街を一歩入った所にある、落ち着いた通り。

旦那さん「落ち着いた雰囲気の通りだね。」

奥さん「本当ね。この通りは、何ていう通りなの。」

旦那さん「この通りは、町家通りっていうんだよ。」

奥さん「のんびり散歩も良いわね~」

 

<思い出ルート④>

表参道商店街の錦水館のお食事処「まめたぬき」で名物の穴子陶箱飯を食べる。

宮島 佐藤夫婦⑬

穴子陶箱飯錦水館の名物料理 穴子陶箱飯は、スチームで蒸し焼きにしているので穴子と御飯もあつあつ柔らかくて美味しい。

旦那さん「美味しいね。」

奥さん「穴子ってこんなに柔らかいんだね。」

旦那さん「あつあつだね。」

奥さん「やけどしないようにね。」

 

<思い出ルート⑤>

今日宿泊する錦水館のお部屋「オトナの休日」でルームチェックイン!と

ウエルカムフルーツとウエルカムドリンクを頂く。

宮島 佐藤夫婦③

宮島 佐藤夫婦④奥さん「すごい、大鳥居が斜めに見えるよ。」

旦那さん「ホントだ、すごいキレイだね。」

奥さん「海が見える景色っていいね。」

 

<思い出ルート⑥>

夜はお部屋食で水入らず、宿の味を堪能。

宮島 佐藤夫婦⑭

宮島 佐藤夫婦⑮お部屋料理 雅膳(みやびぜん)。瀬戸内の魚介や広島の味覚 牡蠣の料理など満載

旦那さん「今日はお疲れ様でした。」

奥さん「たくさん歩いたもんね。」

旦那さん「思い起こせば、12年ってあっという間だったね。」

奥さん「本当よね~」

旦那さん「これからもよろしくお願いします。」

奥さん「なんか照れるね。」「食べよっか!」

旦那さん「牡蠣がこんなに大きいよ。」

奥さん「ぷりっぷね。こんなの初めて食べるわ。」

 

<思い出ルート⑦>

食後のデザートは、ライトアップした大鳥居が見える

眺望カウンターにご用意。

宮島 佐藤夫婦⑰
旦那さん「ライトアップした大鳥居を見ながらデザートって本当に贅沢だね」

奥さん「本当、素敵な景色ね。」

宮島 佐藤夫婦⑯
旦那さん「またこうやって記念日を祝いたいね。」

奥さん「これからもよろしね。」

二人「乾杯!」

 

 

◆ロケ地  宮島 錦水館
◆スポット  千畳閣、五重塔、町家通り、錦水館 お食事処まめたぬき、オトナの休日405、などなど。

 

宮島での宿泊に困ったらこちらをクリック↓↓↓ポチッと!!

バナー錦水館

 

 

 

バナー錦水別荘