安芸の宮島廻れば七里♪浦は七浦七恵比寿♪

 

こんにちは!

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

冬のソチ・オリンピックやりましたね!

男子ハーフパイプ、日本の平野選手・平岡選手が

銀・銅を獲得!本当におめでとうございます。

ついに日本選手が世界の壁を超えましたね♪

ということで感動しっぱなしの毎日です。

スポーツって本当に良いですね♪

 

さてさて今日のブログでは、

御島巡りについての記事をご案内致します。

 

宮島は昔から、島自体が神聖な場所として大切にされており、

厳島神社の他にも沢山のご祭神が祀られております。

mg_6526.jpg

「安芸の宮島廻れば七里、浦は七浦七恵比寿」の唄がありますが、

島に七つの浦があり、浦ごとに御祭神がまつられています。

 

御祭神は、

①長浜神社(ながはまじんじゃ) 祭神「興津彦命・興津姫命」
②杉之浦神社(すぎのうらじんじゃ) 祭神「底津少童命」
③包ヶ浦神社(つつみがうらじんじゃ) 祭神「塩土翁」
④鷹巣浦神社(たかのすうらじんじゃ) 祭神「底筒男命」
⑤腰少浦神社(こしぼそうらじんじゃ) 祭神「中津少童命」
⑥青海苔浦神社(あおのりうらじんじゃ) 祭神「中筒男命」
⑦養父崎浦神社(やぶさきうらじんじゃ) 祭神「御烏」
⑧山白浜神社(やましろはまじんじゃ) 祭神「表津少童命」
⑨須屋浦神社(すやうらじんじゃ) 祭神「表筒男命」
⑩御床神社(みとこじんじゃ) 祭神「市杵島姫命」

*長浜・包ヶ浦・養父崎浦を除いた神社が

七浦七恵比寿と言われれています。

 

御島巡りとは、その浦に祀られている神様を船で移動し参拝してまわる儀式です。

 

詳しくは↓↓↓

 

<宮島 御島巡り&御烏喰式(おとぐいしき)について>

 

「安芸の宮島廻れば七里 浦は七浦七恵比寿」と

唄われているように、宮島は島全体の姿が、有り難いものとされています。

それは、人々がそれぞれの時代を通して島の自然とともに交歓してきたことを

物語るものです。

島巡りは、1日かけて浦々に祭られている神社を船に乗って島を

右回りに巡拝する儀式です。

御島めぐり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早朝神職の乗る御師船に従って出発しますが、なによりも大事な儀式は、

養父崎浦神社で行われる「御烏喰式(おとぐいしき)」です。

お島巡りは厳島神社の祭神が鎮座の場所を探して、

浦々を巡幸されたことにちなむ行事で、先導の役を果たしたのが

烏といわれています。

御島めぐり②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その烏が弥山に住んでおり、養父崎浦の沖に行くと、

海上に御幣と粢団子(しとぎだんご・米の粉を海水で練った団子)を

供えるのです。

すると2羽の神烏(ごがらす)が出てきて、団子をくわえて海岸の

すぐ側に祭られている養父崎浦神社に行くのです。

この儀式に参加された人には幸運が授かるといわれます。

さらに須屋浦神社では、神烏への畏敬を込めてみんなで

上陸して直会(なおらい)の饗食をとります。

そして、網之浦から上陸して、大元神社に参拝して終わりとなります。

大元神社の拝殿には、この御島巡りの記念の扁額が奉納され、

江戸時代末期からの額が掲げられています。

こうして各浦々にまつわる話やの奇岩の由緒を聞きながら島を巡る行事は、

参拝の人々が常に島全体を注視することとなり、島の景観を伝える役割を

果たしていたともいえる。

 

以上が御島巡りの説明となります。

 

是非、宮島の厳島神社や大鳥居の観光以外にも、

こういった神社や歴史に触れる観光に出かけて見て

はどうでしょうか?

 

 

<宮島の七浦を巡る御島巡り体験のご案内>

場所 :宮島港を出航し宮島を一周→宮島港へ帰港

時間 :午前10時      宮島桟橋出航

正午12時30分頃 宮島桟橋帰港予定

(開催日)

1回目:平成26年4月27日(日)

2回目:平成26年5月11日(日)

3回目:平成26年9月21日(日)

4回目:平成26年11月2日(日)

午前10時~正午過ぎまで
※雨天決行

荒天で安全を確保できないと判断した場合、

やむを得ず中止にする場合がございます。

(参加費)

大人 3,000円

小人(6~12歳) 2,000円

※お弁当等は付きません

(募集人数)

40名 (定員に達し次第受付を終了いたします。)

(お申し込み)

予約受付開始は各設定日の2ヶ月前からお電話にて承ります。
宮島観光協会 TEL : 0829-44-2011

→宮島観光協会公式HP

 

 

宮島で宿泊に困ったら・・宿情報はこちら!画像をクリック下さい↓↓↓

バナー錦水館

バナー錦水別荘

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮島の冬の大イベント「かき祭り」に行ってきました!

 

こんにちは!

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

朝目覚めた瞬間!宮島はうっすら雪化粧・・

寒い~今日は宮島のかき祭りのイベントがありますが、

これはお客様が少ないのではないかと不安になりましたが、

お昼にかけて、イベントも始まり、だんだんとお客様も増えて

まいりました(^-^)

かき祭り⑥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう今年で第30回の宮島かき祭りは、広島・宮島の名物「牡蠣」料理のテナントや、

物産品、お隣の岩国のばら寿司など様々なお店が、宮島桟橋前広場に出店されます。

かき祭り⑦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かき祭り⑤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣を使った料理は、沢山ありまして、

牡蠣雑炊・牡蠣の土手鍋・牡蠣シチュー・牡蠣ぽん酢・牡蠣のせいろ蒸しなど

だいたい200円程度で食べることができます♪

 

さっそく、まだ少ない列に並んで食べてきました!

かき祭り①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

牡蠣雑炊は、沢山の牡蠣が入っており、大変美味しいです。

かき祭り②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見て下さい!このぷりっぷりの牡蠣・・牡蠣好きにはたまらんですね(笑)

他にも牡蠣シチューや、牡蠣の土手鍋のブースにも行ってきました!

かき祭り③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かき祭り④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに牡蠣づくしの料理を食べたのは、久しぶりですね♪

かき祭りは、朝10時頃から15時まで、本日2月8日と9日の2回に分けて、

開催されます。

 

人気のブースは、料理が無くなるケースもありますので、

是非、牡蠣が大好きなあなた様は、宮島のかき祭りにご参加下さいね♪

 

本日は、高速道路も通行止めの状態や、新幹線なも遅れがあるようです。

宮島にご宿泊のお客様は、お気をつけてお越し下さいませ。

 

今日も寒いですが、あなたにとって良い休日になりますように!

それでは、ともちんでした。

 

<午前中の「かき祭り」の様子>

 

宮島の大聖院の節分の豆まきに参加してきました!

 

こんばんは!

宮島観光アドバイザーのともちんです。

 

今日は、朝から濃霧がひどく、対岸の宮島口から

宮島を眺めることができないほど、視界が悪かったです。

一時、フェリーの運行が停まる程でした。

午後からは、少しずつ回復しました♪

本当に暖かくなったり、寒くなったりと体調管理が難しい

気候ですが、あなたも体調を崩されないように・・

元気に毎日乗り越えていきましょう。

 

さてさて、今回のブログでは、本日ありました宮島の行事であります

大聖院の節分の豆まきの伝統行事に参加したレポートをお伝えします♪

 

大聖院の節分の豆まきは恒例の行事で、

厄除け開運の大般若転読法要に引き続き、福豆・福もちまきを行い、

多くの福を授かることができる祭事です。

福男・福女の皆様が、一斉に福豆や福もちを、まきますので、

大聖院の広場は福を授かりたい観光のお客様でいっぱいです。

大聖院豆まき①

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私も参加しましたが、人の波で観光のお客様は、豆をとる事に

集中していますので、人々の気迫が伝わってきます。

 

行事が始まり、一斉に福豆や福もちなどがまかれました!

福豆の中には抽選番号も入っており、景品と交換することができます。

大聖院豆まき②

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大聖院豆まき③

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「鬼は外~!福は内!」と大きな掛け声で皆さんまかれています。

すごい迫力です・・

 

画像だけでは伝わらないと思い、動画も撮影しましたので、

是非ご覧下さいませ!

 

いかがでしたでしょうか?

宮島にはこんなに魅力的な行事がございます。

普段の観光スポットで、なかなか体験できない経験です。

私も久しぶりに参加して、とても良い思い出になりました。

 

ちなみに今年の福男と福女の中に、錦水館の社長と女将も参加しました♪

とてもいい笑顔(*´∀`*)です♪

大聖院豆まき④

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また来年も、沢山の幸せが訪れますように♪

それでは、ともちんでした。

 

ちなみに大聖院を知らない方のために情報を掲載しております!

ご参考下さいませ。

 

大聖院は、弘法大師「空海」によって開かれたとされ、古くから厳島神社と

一体となり、神社の管理や運営にも携わってきた宮島随一の名刹です。

平家一門をはじめ、足利将軍家、豊臣秀吉、伊藤博文など歴史の権力者

から厚く信仰されてきました。

皇室とのつながりも深く、鳥羽天皇により建てられた本堂もあり、

明治天皇が行幸の際には大聖院にお泊りになりました。

弥山山頂の霊火堂や三鬼堂なども大聖院が管理し、弥山の山岳信仰

とも深い関わりをもっています。

現在は、厳島神社の行事として行われている「玉取祭」や「鎮火祭」も、

もともとは大聖院から始まったものです。

境内にはいくつものご利益仏があり、

一巡すれば 家内安全・商売繁盛から学業達成まで、

ありとあらゆる願いを一度に叶えてもらえると多くの参拝者が訪れます。

庭園も美しく、高台にある境内の入り口から見える瀬戸内の眺望も絶景です。

宮島 気まま旅⑭-2